2008年09月19日

高橋ヒデキさん

桃から生まれた!ハッ!桃太郎ー の方ではないわーい(嬉しい顔)

G_0039.jpg
先日読んだ本と一緒に借りた画像処理の本。題して「Photoshopの強化書」。
その本のなかほどにPhotoshopの匠として紹介されているのが、写真家の高橋ヒデキさん。写真家、特にビューティーの分野で大活躍の方でした。実は、本を見るまで高橋さんの名前は知らなかったあせあせ(飛び散る汗)
その昔、ヘアメイクを目指していた当時は雑誌のクレジットは必ずチェックしていたし、コマフォトも買っていたのに、そんな気持ちをすっかりどこかに置き忘れてました。

しかし、本を見た瞬間にピンときました!常日頃見まくっている雑誌のビューティーページで、ずーっと気になっていた、好きな感じの写真を撮っているのが高橋さんだったのです。
以下appleによる高橋ヒデキさんの紹介記事

高橋さんの撮るビューティーはまずとにかく女性が綺麗。しかもビューティーでは命であろう肌が綺麗なんですよね。それから、前々から気になっていた高橋仕事(あえてこう呼ばせください)は影がなんとも言えず綺麗なんです。その綺麗な影は、今まで僕が見たビューティーの写真だったら不要にも思えるモデルさんの背後の影なんですが、高橋仕事ではその影がやわらかくおぼろげでとても綺麗なんです。そう強いて言うなら朧月夜(おぼろづきよ)のような儚げな・・・

そんな素晴らしい写真を撮るのに、さぞ難しいライティングをしていると思いきや、タングステン(一発?)でかなりシンプルなライティングをされているようなんです。
紹介記事を読むと分かるのですが、非常に道具を使いこなすことに長けている感じなのです。最近プロアマ問わず高性能な機材が昔よりも安価に買える時代になりましたが、本当のプロの方は使いこなしに最大の力を発揮していると思うのです。なんでもそうなんですが、手に入れること、触れることは重要ではあるけども、もっとも大事なことはどう使いこなすかなんですよね。

高橋ヒデキさんのことを調べていたら、あるblogでコメントされているのを発見しました。もしも、もしも万が一このblogを見てくださったら!是非メル友になって欲しいですひらめき
いや、撮影のエッセンス、特にライティングの秘密の一端だけでも知りたいのです。高橋ヒデキ様!是非!!お待ちしておりますm(__)m←かなり勝手&他力本願なお願い
posted by オガタ at 09:35| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
こんにちは!高橋ヒデキ(本人)です。ご紹介ありがとうございます!ライティングの秘密なんてないですよ。コメットから発売されている『トリライト』という蛍光灯ライト(5万円くらい)で
撮影することが多いです。モデルのヘアメイクが終わってスタンバイできたところからライティングを始めます。といってもほんの数分でおわりますけど。。。いつも適当なんです。モデルが可愛く写っていれば問題ないのでライティングには興味がありません。それから奇麗なモデルさんしか撮っていないので、つまりは
カメラマンの腕はあんまり関係ないんです、本当のところ。。。
よかったらhttp://www.dda-academy.co.jp/d1.htmlこれ見に
きてください。ステージ上で写真撮ります。では!
Posted by 高橋ヒデキ at 2008年09月25日 23:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/19645482
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック